ニーズが高まる保険

2014年2月7日 / 未分類

損害保険というのは保険の種類の一つです。災害や突発的な事故から発生した損害の補償をしてくれます。損害保険には非常にさまざまな種類が存在します。主な種類の中でも身近なものをみていきます。まず自動車や原動機付自転車を運転する人には欠かせない自賠責保険です。これは加入が義務付けられている上に、自動車や原付を運転する際には携帯の必要もあるほど大事な保険です。自動車は車検があるので有効期限が切れることはほとんどありませんが、原付は車検がないので注意が必要です。万が一期限が切れていると「1年以下の懲役」または「50万円以下の罰金」、さらに道路交通法違反で6点の減点があり運転免許証の停止や取り消し処分となるほどの厳しい罰則があります。その罰則に加え、万が一事故を起こした場合には事故の補償をしなくてはなりません。他人を死亡させる、怪我を負わせるといった場合、自分ひとりでは払いきれない額の補償が請求されます。そのための自賠責保険なのです。そして自賠責保険だけではまかないきれない部分を補償してくれるのが任意保険と呼ばれる損害保険です。さらに火災や落雷によって建物や家財道具に損害があった場合に備える火災保険があります。火災保険には2種類あり、建物のさまざまなリスクを総合的に補償してくれる住宅総合保険とシンプルな補償の住宅火災保険があります。これは個人の必要性を考慮し加入します。他に今注目されているのは地震保険です。これは地震や地震によって起こる災害に遭い建物や家財道具が被害を受けた場合に備える保険です。
この地震保険というのは火災保険とセットで加入しなくてはならないので注意が必要ですが、東日本大震災以来急速にニーズが高まっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る