自然現象による災害など

2014年2月7日 / 未分類

損害保険とは損害保険会社が取り扱っている保険商品の総称のことで、略して「損保」と呼ばれています。損害保険の性質としては風害・水害などの自然現象による災害や自動車事故など、偶然生じた損害を補償する為の保険の事といえます。しくみとしては、保険会社が予想する損害率に応じて支払う保険料(損害保険料)が決められていて、万が一、事が起きた時、保険会社から支払われる保険金の金額が初めから決まっている生命保険とは違って、起きた損害の損害額に応じて支払われる保険金の金額が変動するのが特徴です。この方式の事を、実換払方式といいます。損害保険には大きく分けて自動車保険・火災保険のような「ノンマリン分野」と、貨物保険・船舶保険のような「マリン分野」があります。日本においては、ほとんどの損害保険が金融庁の監督のもとで、保険業法に基づいて一般の個人から法人に対して販売されていますが、火災保険などの損害保険は保険業法以外の法律に根拠をさだめているものもあります。現在運営している主な損害保険会社は、東京海上日動火災や国内の損保会社20社の出資により設立された日本地震再保険などの24社、外資系の損害保険会社はAIU保険やチューリッヒ保険などの21社が挙げられます。また、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードではそのカードを使って航空券などを購入すると海外旅行傷害保険が適用されるシステムであることがほとんどで、加入の際にシステムをよく確認することが大切です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る