目的を考える

2014年2月7日 / 未分類

損害保険とは、偶然の事故により生じた損害を補うための保険です。損害を補うことで経済的な面で、事故前と同様の状態にすることを目的とします。生命保険の場合、保険金の支払いに関しては一定になっております。損害保険では損害額によって保険金の支払われる額が異なります。そのため、事故が発生しても損害が無ければ保険金は支払われません。また、保険の悪用防止のため、損害額を上回る保険金が支払われることはありません。商法では、火災保険、海上保険、運送保険が損害保険として定められています。最もポピュラーとされているものは、火災保険と自動車保険が挙げられます。火災保険は建物や家財の損害を補うことが目的とされています。自動車保険は交通事故などの自動車に係る補償を行うことが目的です。また、日常生活や旅行中の思わぬケガといった時の補償を目的とした傷害保険もあります。その他、損害賠償責任を負ってしまった時に保険会社が被害者に対して保険金を支払ってくれる賠償責任保険もあります。損害保険には、保険契約者や被保険者に課せられる損害防止義務というものがあります。これは、保険の目的の側にいる人の方が事故発生時の損害拡大を防ぎやすいためです。保険契約者や被保険者にこういった協力を求めることで怠慢による損害拡大を防止するのですが、火災時の消火活動や家財の運びだしなどという時の費用は損害防止費用と呼ばれ、保険会社が負担します。損害の規模が小さい方が保険会社の支払う保険金も少なくて済むためです。また、損害防止義務を遂行するために事故発生通知義務があります。保険事故が発生した場合は速やかに保険会社に連絡をするというものです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る