損害を補償する保険

損害保険とは、自然災害や火災・自動車事故や海難事故など偶然に起きた事故による損害を補償するための保険を指します。損害保険会社が取り扱っており、大別すると自動車保険・火災保険といった「ノンマリン分野」と貨物保険・船舶保険などの「マリン分野」に分けられます。火災における火災保険、地震の損害に備える地震保険、自動車の事故には自動車保険といった、それぞれのリスクに合わせた保険が用意されています。なお、地震保険は単体で加入することは出来ず、火災保険とセットで契約します。火災保険に加入していれば、途中から地震保険を付けることも出来ます。保険の種類として、生命保険・損害保険が有名です。両者の違いは、生命保険は人の生死に対する保険であり入院や死亡などの際に一定額の保険金を支払うのに対し、損害保険は物や財産に対しての保険であり、突然の事故による損害を補うものです。また同じ「ほしょう」でも、生命保険は「保証」、損害保険は「補償」と表します。それぞれの目的が違うからで、保証は最低限の生活を守るための金銭の受給、補償は第三者に与えた損害に金銭で補うことを意味します。最大の違いは、生命保険は誰でも入れるわけではないのに比べ、損害保険は誰でも加入できるという点です。なお災害時、保険証券のような大事なものを紛失してしまった場合は名前と生年月日、保険証券番号が一致すれば本人確認が出来るので、万が一に備えて証券番号を控えておくことが肝心です。

TOPへ戻る